ファクタリングでおすすめの会社は?

ファクタリングでおすすめの会社の選び方ですが、手数料で決めるのがいいでしょう。しかし、手数料は審査の結果によって変わってくるので、まずは見積もりをとることからはじめます。

やはり銀行のファクタリングが信用できますし、手数料も安いです。しかし、銀行では基本的に3社間ファクタリングしか利用できません。

ファクタリング

3社間で契約を結ぶので、取引先の同意が必要になります。
つまり、取引先に知られてしまうというデメリットがあります。「この会社は倒産の危機にあるのかもしれない」と疑われるきっかけとなり、その後の取引に影響するかもしれません。


取引先に知られても問題ないなら、3社間ファクタリングのほうがおすすめです。
手数料は1%〜5%程度と安めになっています。



しかし、日本ではファクタリングに対しての理解が少ないため、2社間で契約を結びたいという中小企業経営者のほうが多いそうです。


資金操りが悪化しているという事実をできるだけ知られたくないと考えるのが日本人です。


そういう場合には2社間のほうがおすすめになります。取引先の同意を得ずに2社間で契約をする場合、リスクが上がるので手数料が高くなります。



手数料は5%〜30%程度ですが、信用によってはもっと高くなることもあるそうです。中には弱みにつけこんで高額な手数料をとるような悪質な会社もあるので、しっかりと比較をして選びましょう。

いくつかの会社に申し込みをして、見積もりの結果を見てから決めるのがいいですよ。